認定と入会

行政書士の認定

① 認定制度の趣旨:
当認定制度は、当機構の内部制度とし、行政書士の資質向上を図り、社会貢献を行う行政書士の養成を目的とする。
認定を受けることによって会員としての権利以外に特別の資格が得られるわけではないが、認定制度により、 行政書士の資質の向上を図り、国際社会における信頼及び 我が国における社会的信頼を構築するものである。

② 認定を受けるために
国際行政書士機構では、一定以上の技能及び知識を有する行政書士を国際行政書士として認定し推薦する。
行政書士が、認定を受けるためには下記の何れかの条件を有し、認定審査委員会に認定審査申請をすることを要する。なお、受験書類、審査書類等は返却しない。

③ 認定審査申請条件: (下記のいずれか)
1、行政書士登録10年以上の者
2、行政書士登録3年以上で、且つ現在3名以上の共同事務所又は合同事務所に所属している者
3、国際行政書士機構の行う認定審査試験に合格した者(1次・書面審査、2次・口頭試問及び論述試験)
4、その他、技能及び知識を有する者で、認定審査委員会が認めた者

④ 認定審査試験:
1次試験及び2次試験がある。
1次試験・・・履歴書等による書面審査
2次試験・・・1次試験に合格した者について、口頭試問及び論述試験を行う。

⑤ 最終認定審査申請:③の条件を満たす者について認定審査を行う。・・書面及び面接審査

⑥ 認定審査受験料: 1次審査料は無料 2次審査料6,000円
最終認定審査申請:無料

⑦ 称号の付与等:
認定を受けた者に「国際行政書士機構認定国際行政書士」の称号を付与する。
認定を受けた者は、国際行政書士機構に所属し、当機構のために貢献する義務を負う。

⑧ 入会金及び会費:
入会金10,000円 年会費20,000円

⑨ 認定継続条件
認定を受けた者は、当機構に所属し、退会した時は認定が取り消される。
認定有効期間は5年として、更新時に認定再審査を受ける。

⑩ 認定の種類
認定の種類を、1種、2種、3種、特種とし詳細は別途定める。
但し、種別は認定資格の上下ではなく認定の種類による。

※認定不可の場合も不可の理由は開示しない。

※平成26年4月1日から改正施行

—————————————————————————————————————————-

行政書士の紹介   Mail:問い合わせ
当国際行政書士機構認定の行政書士をご紹介させて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。

—————————————————————————————————————————-

[メニュー] 
ホーム    設立趣旨  団体概要   新着情報  国際行政書士とは  認定と入会 研修生募集 アクセス

ユネスコ憲章 ACC維持会員  ジェトロ・ABIC    国際私法等  入管貿易等法令   お問い合わせ  

 

※ 本ホームページ全部又は一部の転載、転用をお断り致します。