「国際行政書士」と行政書士の違いは?

現在、国際行政書士という資格は存在しません。行政書士の中で入管手続きを代行する者を一般に国際行政書士と呼んでいます。ただ、行政書士は、グローバル化が進む中で、国際行政書士を名乗る以上、入管手続きのみではなく国際ビジネス支援を活発に行う必要があるのではと考えられ当機構が設立されました。

当機構認定の国際行政書士!
国際行政書士の認定制度は、公的認定制度は存在しません。当機構は、内部制度として当機構に所属する行政書士で国際ビジネスに精通し、知識技能を有し優れた行政書士と評価した者を国際行政書士として認定しています。
認定を受けるためには、国際行政書士機構に入会し3年を経過し、国際ビジネスに精通する申請条件がある場合のみ認定申請ができます。

国際行政書士機構で認定された「国際行政書士」とは?

入管業務のみならず、日本で活動する外国企業、日本に居住する外国人などの行政手続き・法務・会計支援等を行うことのできる行政書士です。国際行政書士機構では、このような行政書士を養成しつつ、当機構で定める厳しい基準をパスした行政書士のみを「国際行政書士」として認定します。また、国際行政書士は、ASEAN諸国の証券取引所への新規上場の支援を致します。

「国際行政書士」が何故必要か?

日本で会社を設立したいが、行政手続きはどのようにすれば良いのか分からないという外国人の方、更には、日本に来たが気楽に法務相談してくれるところがない、などの悩みを抱えている方も多数いらっしゃいます。また、グローバル化が進む中で、世界を相手に仕事をする必要性が高まって来ているのは周知の事実ですが、具体的には何をどうすれば良いのかが分からず、入口まで来たが中には入れないという中小零細企業が多いと考えられます。このようなことを解決へと導くのが、当機構が認定した国際行政書士の役割なのです。

[ 認定国際行政書士の紹介 ]
当機構認定の「国際行政書士」をご紹介させて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。 
office2※◇jiala.org (※◇を@に変えて送信ください。)電話03-6455-1313
恐縮ですが無料相談は行っておりません。国際行政書士所属の確認の問い合わせもご遠慮下さい。

国際行政書士認定証

◆ 一般社団法人国際行政書士機構では、
当機構が認定した信頼できる「国際行政書士」をご紹介します。

全日本行政書士連絡会議 加盟

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本部事務局:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町166-2
[お問い合わせは右記アドレスへ
 office2※◇jiala.org (※◇を@に変えて送信ください。)
認定委員会:〒164-0013 東京都中野区弥生町3-24-11 東大付属前学術振興センター
Japan International Administrative Lawyer’s Association

一般社団法人 国際行政書士機構 認定委員会


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


入管 業務について
国際行政書士機構では、特に外国人の入管(入国の)手続きを取扱う行政書士を教育養成するために行政書士出入国管理研究所を設立します。この研究所は、「出入国管理及び難民認定法」等を中心に研究し、国際行政書士、申請取次行政書士を養成します。


日本国際医療研究交流機構は、
医療交流を通じて世界平和活動の一助となるように努めたいと考えます。(設立趣旨書)また、当機構は、厚生労働省、経済産業が進めている国際医療交流を推進する非営利団体(NPO)として、医療系学会、医療研究機関及び経済団体等の多くの団体が発起しています。


◆ 付属組織等:

JIALA外国IPO支援室 (国際委員会所掌)

国際ビジネスサポートセンター

当機構協力研究機関:


日本マネジメント団体連合会
当機構も加盟しています。非営利マネジメント関係団体の連合体です。


 

 ※ 本ホームページ全部又は一部の転載、転用をお断り致します。